NEWS

  • 地域

熊本市植木町に訪問看護ステーション  麻生介護サービス    熊本開設は初めて


 訪問介護・居宅介護支援、福祉用具レンタル事業の麻生介護サービス株式会社(福岡市博多区博多駅前3丁目、新開昌伸社長)は、10月1日付で熊本市北区植木町に訪問看護ステーションを開設する。通算79カ所目で熊本県内は今回が初めて。訪問看護では14事業所目となる。
 熊本市内における新規獲得および既存エリア大牟田との事業所連携を強化することで、新たな介護サービスの拡充を図るのが狙い。場所は国道3号沿い、舞尾(もうの)交差点から約200m北側。名称は「アップルハート訪問看護ステーション熊本北」。フロア面積は39平方mで2階建てテナントビルの2階に入居する。スタッフは小篠悦子管理者を含む3人体制となる。同社では「各事業所間でさらに連携を図り、地域社会の一員としてお客さまの期待に応えていきたい」と話している。
 同社は2007年8月に設立。資本金は1億円、従業員数は1133人(14年8月現在)。