NEWS

    熊本市・桜町にシェアオフィス新設 Zero‐Ten Park


    7月29日

    シェアオフィスを国内外に展開する㈱Zero‐Ten Park(ゼロテンパーク・福岡市博多区祇園町、榎本二郎社長)は7月29日、熊本市中央区桜町に新拠点をオープンした。
    名称は「The Company(ザ・カンパニー)熊本」で、国内では福岡市内の祇園、福岡パルコ新館内、中洲に次ぐ4拠点目。海外まで含めると9拠点目。場所はバスターミナルが入る複合施設「SAKURA MACHI Kumamoto」や「熊本城ホール」の開業が予定されているエリアに近接するビルの2フロア(延べ床面積約990㎡)。
    フリースペースや個別ブース、ミーティングルーム等で構成するほか、オフィス区画としても賃貸する。利用会員として100社を見込み、福岡の既存3拠点の会員との間で互いにワークシェアが強化されることを狙う。同社広報は「熊本地場企業のほか、地元の大学、行政関係に所属する人にも利用してもらえるようにしたい」としている。
    同社は映像制作の㈱Zero‐Ten(ゼロテン・福岡市博多区祇園町、榎本二郎社長)が手掛けていたシェアオフィス事業が分社化し、2018年7月に設立。ゼロテンが運営していたシェアオフィス「The Company(ザ・カンパニー)」を引き継ぎ、現在は前述の祇園、福岡パルコ新館内、中洲川端の国内3拠点に加え、セブ島、ハワイ、バンコク、シンガポールなど海外に5拠点を展開。利用会員は400社、850人となっている。

    2019年8月6日発行