NEWS

  • 地域

熊本市に9階建てマンション  作州商事    同県内で18棟目、来年8月完成


 地場大手デベロッパー・作州商事株式会社(福岡市博多区大博町、樺島敏幸社長)は、熊本市菅原町に9階建て、総戸数60戸の分譲マンションを建設している。完成は来年8月。同県内で18棟目。
 名称は「エイルマンション白山通り」。場所は熊本市立白山小学校の向かい。敷地面積は2311平方m、延床面積は5458平方m、間取りは1LDK+納戸(4戸)、2LDK(4戸)、2LDK+納戸(15戸)、3LDK(20戸)、4LDK(17戸)、最多販売価格は2300万円台(14戸)。9月26日から一般公開に先駆けてモデルルームで事前案内会(完全予約制)をしている。同社は同市呉服町3丁目でも13階建て、総戸数72戸の「エイルマンション熊本駅東Ⅱ(ローマ字数字の2)」の建設を進めており、来夏ほぼ同じ時期に2棟がオープンする。