NEWS

  • 地域

熊本の医療機器販売会社を完全子会社化  キシヤ    整形外科分野の専門性強化


 医療機器販売の株式会社キシヤ(福岡市東区松島1丁目、楠田幸次郎社長)は3月15日、整形外科向け医療機器販売の株式会社オルソ・メディカル(熊本県上益城郡嘉島町、柴田恭男社長)の全株式を取得し資本・業務提携を締結、完全子会社化した。
 整形外科向けの医療機器販売に特化した事業を展開するオルソ社の強みを生かし、同分野の専門性を強化する狙い。オルソ・メディカルは1988年2月設立、資本金2000万円、従業員20人。熊本のほか大分、宮崎などに拠点を持つ。代表は柴田社長が続投し、役員にキシヤから3人が新任した。取締役に就任した上村慎一郎管理部部長は「医療機関への提案力を高め、地域医療の発展に貢献するためにより一層充実したサービスを提供していきたい」と話している。
 オルソ・メディカルの役員は次の通り。
 ▼代表取締役社長 柴田恭男▼取締役会長 楠田幸次郎(キシヤ代表取締役社長)▼取締役 上村慎一郎▼監査役 友川雅治
 キシヤは1910年6月創業、68年6月設立。資本金5000万円、従業員451人、2013年5月期売上高は485億円。沖縄を除く九州全域に13事業所、福岡市博多区に在宅福祉店舗、物流センターを置いている。楠田社長は筑紫野市出身、1958年3月25日生まれの56歳、趣味はゴルフ、読書。