NEWS

  • 地域

渡辺地所とサンライトが住吉に7階建てビル  福岡市標識設置報告書    グランフォーレ野間3丁目ほか


 ふくおか経済・ 地域情報センターがまとめた9月15日公表分の福岡市標識設置報告書によると、今回建築予定が報告された建築物は12件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日・7月21日~8月29日)
 最も延べ床面積が広いのは渡辺地所 (福岡市中央区天神1丁目、渡邉浩志社長)と サンライト(同市中央区渡辺通5丁目、渡邉隆司社長)が博多区住吉4丁目に建設する「住吉4丁目ビル(仮称)」の6173平方m。次いで、 コーセーアールイー(同市中央区赤坂1丁目、諸藤敏一社長)が南区野間3丁目に建設する11階建てマンション「グランフォーレ野間3丁目(仮称)」の1546平方m。 NKトラスト(同市中央区薬院4丁目、母袋智昭社長)が同市西区姪の浜3丁目に建設する10階建てマンション「姪の浜3丁目BLD(仮称)」の1537平方mとなっている。
 詳細は表の通り。