NEWS

  • 地域

海外進出、農商工連携などを支援  中小企業基盤整備機構    前田理事長と地場11社が意見交換


 (独)中小企業基盤整備機構九州支部(福岡市博多区祗園町、筒井司支部長)は、08年12月8日、同支部で来福した前田正博同機構理事長と地場中小企業11社の意見交換会を開催した。
 来年度からスタートする第二期5カ年計画に地域の中小企業者の声を反映させることが狙い。同計画には、各支部で地域の産業構造や自治体の中小企業支援策の充実度を考慮した支援策を盛り込む方針。前田理事長は、「九州地区は、М&Aや海外進出、農商工連携、地域資源の活用に対する支援策のニーズが多く、これに応じた個性ある中小企業支援策を打ち出していく」と話している。