NEWS

  • 地域

法人税額24・8%減、黒字企業は32・9%  福岡国税局管内    08年度、県内は29・8%減


 福岡国税局(池田篤彦局長)は、11月6日、08年度の管内(福岡、佐賀、長崎3県)の法人申告状況を発表した。
 法人税の申告件数は前年度比0・1%減の12万6658件、申告所得総額は24・8%減の9910億円、申告税額は同26・8%減の2593億円といずれも前年度を下回った。また、黒字を申告した法人の割合は、前年度比3・1%減の32・9%に止まり、昭和40年以降、過去最低を記録した。県別でみると、申告所得総額は、福岡県が前年度比27・4%減の7849億6700万円、佐賀県が同8・5%減の895億4700万円、長崎県が同16・7%減の1165億2300万円。申告税額では、福岡県が前年度比29・8%減の2032億4500万円、佐賀県が同9%減の240億6100万円、長崎県が同16・7%減の319億4800万円。黒字申告の割合は、福岡県が前年度比3・4%減の33・4%、佐賀県が同3・3%減の32%、長崎県が同2・1%減の31・2%だった。