NEWS

  • 地域

水銀灯に代わる高輝度LED照明を販売  NEXT FORCE    約20アイテム


 IT・RFIDコンサルの株式会社NEXT FORCE(福岡市博多区博多駅南2丁目、中村秀智社長)は、9月1日、水銀灯に代わる高輝度LED証明の販売を開始した。
 これは昨年から着手している環境事業の一環。業界唯一160度の広角に光が均一に広がるのが特徴という。広範囲に均一な光を放つ「LTシリーズ」、工場灯など、高所より直下に配光する「LFシリーズ」、スポットライトとして遠距離に光を飛ばす「LSPシリーズ」など約20アイテムを取り扱う。製品はISO9001、14001取得工場にて生産され、防塵、防水規格はIP65、また、CE、RoHS規格もクリアしている。寿命は5万時間で、価格は10~20万円。中村社長は「改正省エネ法により、多くの企業ではエコ対策への取り組みが顕著なため、広く普及する商品となる」と話している。既に、工場や駐車場への販売実績があるほか、蛍光灯型LEDや、高輝度LED電球も取り扱っている。同社は2002年12月設立、資本金1000万円。