NEWS

    正社員200人の新規雇用計画 福岡エムケイ


    週刊経済2021年3月9日発行

    M&Aによる事業拡大で

     タクシー事業の福岡エムケイ㈱(福岡市中央区那の津3丁目、青木義明代表取締役)は2021年度で、例年の4倍にあたる正社員200人の採用を計画している。
    同社は昨年7月、福岡市内のタクシー会社から車両50台を譲受する契約を交わしており、事業拡大するもの。もともと50台の車両を保有しており、今回の契約で2倍の100台になる予定。現状は、タクシー・ハイヤー事業が売り上げの8割を占めるが、今後は企業トップなどの送迎業務における車両以外の運転士、給油、掃除などを受託する「運行管理請負事業」を売り上げの半分まで伸長させる計画があり、そのための増員の意図もある。将来的に、運行管理請負事業の人員は現在の3人から100人にする計画。
    青木代表取締役は「グループ全体で見ても、タクシー会社のM&Aは初となる。ブランド力強化のため、未経験者での採用を積極的に進めていきたい」と話している。
    同社は2008年7月設立。資本金800万円。売上高9億円(2020年3月期)。従業員数146人。同社は全国でタクシー事業を展開するMKグループで、神戸エムケイ㈱の子会社。