NEWS

  • 地域

業務連携・協力に関する覚書を締結  全国健康保険協会福岡支部と県信用保証協会


 全国健康保険協会福岡支部(福岡市博多区上呉服町、原田祐二支部長)と福岡県信用保証協会(同区博多駅南2丁目、牛尾長生会長)は7月15日、「従業員等の健康づくりに係る業務連携・協力に関する覚書」を締結した。
 今回の締結で、信用保証協会は新たに『健康経営応援保証「すこやか」』を創設。全国健康保険協会福岡支部が認定機関となり、従業員などの健康増進に積極的に取り組む中小企業者を支援する。対象要件は県内に事業所または営業所を有する保証協会の保証対象中小企業者で、所属する全国健康保険協会・健康保険組合が定める「従業員等の健康増進に積極的に取組む企業」の認定を受けていること、直近決算書(個人事業主の場合は貸借対照表を作成している青色確定申告)において債務超過でないことを満たすことが対象要件となる。保証限度額は2億8000万円以内で、資金使途は運転資金・設備資金。融資期間は10年(据置2年)以内。返済方法は分割または一括返済。貸付形式は証書、手形。取扱期間は7月19日から来年7月31日保証協会申込受付分まで。