NEWS

  • 地域

業務改善委員会と業績回復委員会を新設  コカ・コーラウエスト    責任所在を明確化


 コカ・コーラウエスト株式会社(福岡市東区箱崎7丁目、吉松民雄社長)は、1月1日付で「業務改善委員会」や「業績回復委員会」などを新設するほか「営業企画部」や「CSR推進部」等を再編・統合するなどの組織編成を実施する。
 組織のスリム化と責任所在の明確化を図るもの。概要は業務の見直し、適正化を全社的に推進する「業務改善委員会」と業績回復に向けた取り組みを進める「業績回復委員会」を設置。「戦略企画室」を廃止し、同室の調査関連業務を「営業企画部」に移管。CSR(企業の社会的責任)活動の効率化を目的に「社会貢献室」と「環境・広報部」を「CSR推進部」に統合、CSR推進部長には大野敏郎環境・広報部長が就く。
 また、情報システムに関する企画機能と運用機能を一元化し、業務品質の向上を図るため、「ビジネスシステム部」と「システム管理部」を「ビジネスシステム統括部」に統合。供給機能と物流機能の連携を強化するために「供給部」と「物流部」を統合して「供給・物流部」とし、供給・物流部長には岡田豊二人事厚生部長が就任する。
 このほか「SCM企画部」を「SCM推進部」に、「広域法人営業統括部」を「広域法人営業本部」に、併せて「広域法人関西営業部」を「関西営業部」に、「広域法人中国・九州営業部」を「中国・九州営業部」にそれぞれ名称変更する。