NEWS

  • 地域

格安ウェブ制作事業をスタート  毎日メディアサービス   初年度は1000件目指す


 新聞折込業の株式会社毎日メディアサービス(北九州市小倉北区紺屋町、淵上忠之社長)は、12月1日、ウェブ制作事業を開始した。
 サービス名は「エムスプーキー」。料金体系は、初期費用が2万円(10ページまでの制作、校正2回、サーバー設定・ドメイン登録含む)、月額基本料が1万円(月2回までの更新と校正1回含む)で、オープンソースを自社でカスタマイズしたことにより、従来サービスの10分の1以下のコスト(ページ追加、写真などのオプション料は別途必要)でHPの運営・更新作業を請け負うのが特徴。同社では主力の折込み事業やフリーペーパーなどの紙媒体とリンクさせた独自のクロスメディア戦略を強みに、初年度は中小企業や個人事業主を対象に福岡県内で1000件の顧客獲得を目指す。成清順一クロスメディア課長は、「当社が提案する販促ツールの新たな付加価値サービスとして、顧客の効果的な宣伝をサポートしていきたい」と話している。