NEWS

  • 地域

栗餡が入った限定「鶴乃子」を販売  石村萬盛堂    11月末まで


 菓子製造・販売業の株式会社石村萬盛堂(福岡市博多区須崎町、石村■〈人辺に善〉悟社長)は、9月6日から看板商品であるマシュマロ型まんじゅう「鶴乃子」の季節限定商品「栗餡入り 鶴乃子」を販売している。
 同商品の発売は今年で3回目。従来の鶴乃子をベースに、マシュマロの中の黄身あんを、秋の味覚の代表格である栗あんにしたのが特徴で、食べやすさを追求し、今回は従来品より少し小ぶりのサイズにした。
 価格は4個入りで336円、6個箱入りで525円、12個箱入りで1050円など。石村萬盛堂本店のほか、お菓子のいしむら各店や、同社の楽天市場店、駅・空港・高速道路のサービスエリアなどで11月末まで販売する。
 同社は1905(明治38年)年12月創業、49年2月設立、資本金は9500万円、従業員数は260人。