NEWS

  • 地域

東区香椎照葉のアイランドシティにタワーマンション  積水ハウスなど4社    2区画に計4棟を計画


 積水ハウス株式会社(福岡マンション事業部、福岡市中央区天神1丁目)、西日本鉄道株式会社(同町、倉富純男社長)、福岡商事株式会社(同区大名2丁目、五島明彦社長)、西部ガス興商株式会社(同市博多区千代1丁目、前川道隆社長)の4社は、福岡市東区香椎のアイランドシティ東側の「まちづくりエリア」北側でタワーマンション4棟の開発を計画している。8月8日に福岡市が事業予定者として発表した。
 対象画地は、東区香椎照葉7丁目の2区画で、総事業費は約326億円。小学校など建設予定地の北側に位置する画地Aは、面積約9000平方m。福岡市が約9億円で分譲する。同地には西日本鉄道株式会社が41階建て、280戸の分譲マンションを建設する。事業計画年次は2016年から2018年まで。
 A画地の西側に位置する画地Bは面積約2万7000平方m。そのうち約2万3000平方mを福岡市が約26億円で、約4000平方mを博多港開発株式会社が約5億円で分譲する。同地では積水ハウス株式会社、福岡商事株式会社、西部ガス興商株式会社が共同で、32階建て、一部8階建て194戸の賃貸マンションのほかに、46階建て、279戸の分譲マンションを2棟建設する。賃貸マンションには1~2階部分に医療・文化・交流施設を、分譲マンションには商業施設を設ける方針。事業年次は、賃貸マンションが2017年から2020年、分譲マンションが2019年から2023年まで。今年12月までに事業協定、土地売買契約(仮契約)を締結し、その後の福岡市議会定例会で土地処分議案を上程、議決の上、来年3月末までに入金・引渡しを行う予定。