NEWS

  • 地域

東区松島1丁目に本社を移転  酵素科学    旧事務所の1・5倍の広さに


 健康食品の開発販売・株式会社酵素科学(福岡市東区多の津4丁目、岡山久寿社長)は11月30日、本社を同区松島1丁目に移転した。 
 交通面での利便性向上に加え、業務の効率化を図る。場所は国道3号線松島3丁目交差点南西、県道21号線沿い松島1丁目バス停そばの「第一春幸ビル」12階。フロア面積は77平方m。旧事務所の1・5倍の広さになる。在中従業員は2人。岡山社長は「旧事務所は交通の便が悪く、お客さまにもご迷惑をかけていた。年末年始には忘年会などで主力商品のうっちん酵素の販売もピークとなるので、新事務所で新たな気持ちで業務に励んでいきたい」と話している。
 同社は1990年9月設立。資本金1000万円。従業員数12人(コールセンタースタッフ含む)。酵素を使用した栄養機能食品の製造・販売を手掛けており、現在うこんを含んだ「うっちん酵素」を主力として販売。1包3粒入りで10包(3000円)、20包(5700円)、30包(8100円)を通信販売で展開するほか、1包を300円で“ガチャガチャ”タイプのカプセル自販機に入れ、居酒屋などでも販売している。岡山社長は北九州市出身。1952年6月10日生まれの56歳。久留米工業大学卒。趣味はゴルフ。