NEWS

  • 地域

東区千早2丁目に戸建分譲13区画  九電不動産    1570万円から


 九州電力グループの不動産業・九電不動産株式会社(福岡市中央区薬院1丁目、森元豊社長)は7月1日、同市東区千早2丁目で戸建分譲地13区画の販売を開始した。
 場所は名島保育園南側で、宅地名は「オークヴィレッジ千早」。開発面積は5595平方m。1区画の敷地面積は165・3~179・5平方m。販売価格は1570万~2070万円。最多販売価格は1700万円台(6区画)。総区画は21区画で、現在13区画を販売している。同社では「西鉄名島駅から徒歩4分の立地に加え、宅地内には子どもたちが安心して遊べる公園も備えているのも特徴」と話している。