NEWS

  • 地域

東区千早2丁目に住宅型有料老人ホーム  福香会おくだクリニック    9月1日オープン


 おくだクリニックを経営する(医)福香会おくだクリニック(福岡市東区千早2丁目、奥田隆司理事長)は9月1日、住宅型有料老人ホーム「テポーレ千早」をオープンする。
 場所は国道3号沿い城浜団地交差点西側、おくだクリニック向かい。敷地面積は1044平方m。鉄筋コンクリート造3階建て、延べ床面積は1455平方m。施設構成は1階がデイサービスで、大浴場や食堂、機能訓練室など。2、3階が入居スペースで、全32室の個室と談話室や食堂、洗濯室や浴室、ナースステーションなど。入居スペースは一部屋あたり約18平方mで、ベッド、収納スペース、トイレ、洗面台、エアコン、ナースコールを備えている。
 入居時の要件は要支援2、要介護。利用料は入居金が30万円、月額利用料金13万円(家賃、食費、管理費)と介護保険利用者負担金や、その他費用がかかる。同法人では「再開発が進む千早地区のマンションを購入する人が、すぐに会いに行けるということで親御さんを入居させることが多いようだ。こうした都市型の立地を生かし、オープンまでに入居者を増やしていきたい」と話している。