NEWS

  • 地域

東側隣接地に2階建てリハビリテーション棟  寺沢病院    4月完成


 医療法人寺沢病院(福岡市南区市崎1丁目、寺沢正壽理事長)は、東側の隣接地に2階建てのデイケア棟を建設している。完成は4月。
 建築面積は約577平方m、延べ床面積は約968平方m。1階が40人対応のデイケア(通所リハビリテーション)と職員向けの食堂、2階が管理部門になる。5月から移設してサービスを開始。利用時間は午前10時から午後4時30分。午前は集団でのプログラム、午後は個別のリハビリプログラムに対応する。常駐のリハビリ専門スタッフは2人。同病院では「午前と午後のサービスプログラムを分け、個別のプログラムを充実させる。介護報酬改正の時期と重なるので、短時間の通院リハビリも検討していきたい」と話している。同病院は1955年設立。スタッフ数136人。