NEWS

    東京都2カ所と沖縄県に調剤薬局 大信薬局


    既存経営元から運営を譲受

    ドラッグストアや調剤薬局、介護事業などを展開する㈱大信薬局(北九州市小倉北区東篠﨑1丁目、吉村企右社長)は2月1日に東京都2カ所と沖縄県1カ所に調剤薬局をオープンした。
    今年1年間で25店舗出店する計画の一環で、3店舗とも既存店の経営元から運営譲受したもの。東京都内では3店舗目、沖縄県内では6店舗目となり、運営する調剤薬局、ドラックストア、介護施設、整骨院合わせて全国103店舗体制となった。東京都港区芝大門2丁目「芝大門店」は店舗面積は50㎡、薬剤師は5人。同区芝大門2丁目の「芝公園店」は店舗面積は50㎡。薬剤師は5人。沖縄県浦添市伊祖4丁目の「伊祖店」は店舗面積が約100㎡、薬剤師が8人。今後は田川にドラックストア、港区若久に調剤薬局の出店を計画している。
    吉村社長は「開業医の高齢化もあり店舗が縮小する中、それを上回る数を出店することで規模拡大を図る」と話している。
    同社は1960年4月設立。資本金は3500万円。従業員は460人。調剤薬局70店舗、ドラッグストア28店舗、介護施設3店舗、整骨院2店舗を運営している。19年4月期の売上高は約120億円。吉村社長は北九州市小倉北区出身。1963年7月24日生まれの56歳。趣味は読書。

    2020年3月17日発行