NEWS

  • 地域

東京新宿の地下2階地上3階建ビル取得  正晃    購入費7億円で、3月までに東京営業所を移転


 総合試薬ディーラーの最大手・正晃株式会社(福岡市東区松島3丁目、印正哉社長)は、このほど、約7億円で東京都新宿区若葉3丁目の地下2階地上3階建てビルを取得した。3月までに東京営業所(東京都文京区本郷2丁目、添田圭介所長)を移転する。
 場所は学習院初等科のそば、敷地面積500平方m、延床面積1370平方mで現在の約12倍の広さになる。地下2階が駐車場、同1階が倉庫、1~2階が事務所、3階が会議室となる。同営業所の年商は約20億円で従業員数は22人。印正哉社長は「現在の東京営業所の数字から見ると少し背伸びしすぎの感もあるが、首都圏エリアの動きは堅調で、今後の伸びが期待できる」と話している。
 東京営業所は2002年1月に開設。企業の研究所や大学の研究施設を主要顧客とし、学術系試薬の販売を中心に順調に業績を伸ばしており、事務所が手狭になっていた。