NEWS

  • 地域

東京事務所を本格稼働  福岡地所    リーシンググループ3人が常駐


 地場大手総合デベロッパーの福岡地所株式会社(福岡市博多区住吉1丁目、八木聖二社長)は、このほど、東京都文京区の東京事務所を本格稼働させた。
 これまでオフィスは設けていたが、常駐者はいなかった。今回から、同社商業事業本部リーシンググループの3人が常駐。同社の商業施設への店舗誘致活動や情報収集、ネットワーク構築を進めていく。場所は同区湯島2丁目。事務所責任者には北村純一さんが就任した。同社は、1961年7月設立。資本金は20億円。従業員は186人(08年6月)。08年5月期の売上高は268億円。