NEWS

  • 地域

東京・日本橋にもつ鍋料理店  ダイショー子会社    飲食2店目


 大手調味料メーカー・株式会社ダイショー(福岡市東区松田1丁目、松本洋助社長)の子会社・株式会社ダイショーフードシステムズ(東京都墨田区亀沢1丁目、同社長)は、7月27日、東京都中央区日本橋室町1丁目にもつ鍋料理専門店をオープンした。飲食店の出店は08年12月に港区麻布十番2丁目に出店した焼肉店に次ぎ2店目。
 店名は「日本橋室町・博多もつ鍋 来しゃい(きんしゃい)」。場所は「三越前駅」から東に延びる室町仲通り沿い、「昇賢ビル」の地下1階。店名には「来てくれてありがとう」という感謝の気持ちと、「また、来てくださいね」と願いの気持ちを表す博多弁の「きんしゃい」をネーミングに採用した。店舗面積は約99平方m、店内は和をイメージした内装で、席数はカウンター12席、テーブル8席、小上り席(掘座卓)40席の計60席。メニューは「博多もつ鍋」(1人前1200円)、「炊きホルモン」(同1400円)、「霜降り大トロ馬刺し」(同1500円)のほか、サイドメニューや日替わりの大皿料理も提供する。店長には社員の竹下正広氏が就任、当面の従業員数は3~4人体制とする。営業時間はランチが午前11時半から午後3時、ディナーが同5時半から翌午前0時まで。来年3月までの初年度売上高は約3500万円を見込んでいる。同社では「健康をコンセプトに、こだわりの新鮮な国産牛もつと減農薬野菜を使用したもつ鍋を中心に提供し、会社帰りのサラリーマンや女性層を取り込みたい」と話している。