NEWS

  • 地域

来期、FC加盟200店目指す  TRN    今秋で97社143店が加盟


 住宅の建築、リフォーム業の株式会社TRN(福岡市南区向野1丁目、中島克己社長)は14年10月までに、全国展開を進めているFC事業「リノリースCLUB」で200加盟店を目指す。
 同FC事業では、賃貸物件の空室対策として少額に抑えたリノベーションを施し、空室が解消されない場合には2年更新型で家賃保証をつけるという同社独自のサービスを提供している。福岡本社と東京都渋谷区神宮5丁目にFC本部を設置し、現在は工務店や不動産の仲介、管理会社など97社143店が加盟している。特に首都圏ではマンションやアパートの資産価値を高めるために投資を惜しまない傾向が強く、加盟店の募集を強化していくという。リノリースCLUBの着工件数は4年間で約1万4000件。
 中島社長は「現場主義を徹底した空室原因の調査とマーケティングによって全国の賃貸物件を満室にしていきたい」と話している。
 同社は2002年11月設立。資本金1000万円。従業員数31人。