NEWS

  • 地域

来月1日、粕屋郡新宮町に温浴施設オープン  ライフライン    懐石料理店も併設


 不動産業・飲食業などの株式会社ライフライン(粕屋郡新宮町三代、鶴田秀雄社長)は、11月1日、同町三代に温浴施設「新宮湯元鶴の湯」をオープンする。
 場所は、国道3号須川交差点北西、紳士服のフタタ新宮店そば。敷地面積は7590平方mで、駐車場は200台収容。温泉は男女それぞれ内湯5種類・露天風呂5種類で、入浴料は一般が650円・会員が600円。営業時間は平日が午前10時から午前零時まで、金・土・祝日前が午前10時から午前1時までで年中無休。また施設内に、同社が経営する懐石料理店の別館として「玄海魚処 鶴の風別館」もオープンする。鶴田社長は「温泉設計では著名な大阪の江川光二氏設計による和風調の落ち着いた温泉となっている。また鶴の風別館にはいけすも入り本格的な懐石料理もお楽しみいただけるようになっている」と話している。
 同社は、2003年4月設立。資本金1000万円。従業員数は50人。鶴田社長は、福岡市出身、1967年3月28日生まれの41歳、香椎高校卒、趣味はゴルフ。