NEWS

  • 地域

来春、鍼灸学科を開設  九州医療スポーツ専門学校    定員30人


 学校法人国際学園の九州医療スポーツ専門学校(北九州市小倉北区東篠崎1丁目、水嶋昭彦理事長)は来年4月1日付で鍼灸学科を開設する。3学科目。
 同学科は3年制で、午前の部3時間授業で構成し、3年間の履修で国家試験受験資格が得られる。定員数は30人。午前部の授業構成になるため、他学科との併学も可能。水嶋理事長は「保健・医療・福祉・スポーツの分野で地域医療の一翼を担うべく、開設した。社会人の方も働きながらしっかり学べる体制を整えており、年齢や職業に関わらず夢の実現に向けて頑張る人を応援していきたい」と話している。
 同校は2008年4月設立。3年制の柔道整復学科(昼間部、夜間部)と、今年4月に開設した1年制のスポーツセラピスト科(昼間部)を有し、学生数は約150人。水嶋社長は北九州市小倉南区出身。1961年2月25日生まれの48歳。行岡保健衛生学園柔道整復学科卒。趣味は仕事。同区魚町3丁目で整骨院の経営、FC展開のメディカルネットサービス株式会社の社長と兼務している。