NEWS

  • 地域

来春、女子サッカー部を創設  九州国際大学    女子学生の環境整備の一環


 九州国際大学(北九州市八幡東区平野1丁目、堀田泰司学長)は来年4月に、女子サッカー部を発足する。
 2014年度の方針の一つである「女子力」の強化を図るもの。旧八幡大学時代から男子学生の割合が多かったが、近年は国際関係学部の半数が女子学生であり、女子学生の学校生活充実に向けた環境を整備していくという。7月には学内に縦105m、横68mの人工芝グラウンド「KIUフィールド」が完成しており、同グラウンドを練習場として使用する。部員は4月に入学する新入生を中心として大会出場を目指す。また、地元でサッカーをしている女子中高生との交流にも取り組んでいく。堀田学長は「女子サッカーはまだ裾野が狭く、受け入れ先も少ない。地域の女性サッカー選手が力を発揮できる舞台にしていきたい」と話している。