NEWS

  • 地域

来春、博多駅周辺に事務所移転  久松    候補地は今後検討


 おせち弁当製造、販売の有限会社久松(糟屋郡粕屋町仲原、松田久美子社長)は来春をめどに、博多駅周辺に事務所を移転する。新事務所の候補地は今後検討していく。
 eコマース業務など事務機能の強化に伴い人員増を計画しているため、事務所を移転する。工場機能は現在地に残し、移転するのは事務機能のみ。工場との距離と交通の便を考慮して、博多駅周辺で移転場所を探している。新事務所面積は約130平方m規模で、スタッフ約30人を常駐させる考え。同社の松田健吾常務は「今年はおせちセット10万個の販売を計画している。新事務所では、eコマースだけでなく、通販部門、クリエイティブ部門などの新部門立ち上げに注力していく」と話している。
 同社は1986年8月設立。資本金は300万円。年商12億円。2004年から通販サイト「楽天市場」で「博多久松」ブランドのおせちセットの販売を開始し、昨年末は約8万個を販売した。