NEWS

  • 地域

来年4月から持ち株会社制に移行  ヒューマンテクノシステム    2社を傘下に


 ソフトウエア受託開発、パッケージ販売の株式会社ヒューマンテクノシステム(福岡市博多区住吉2丁目、増住泰成社長)は来年4月1日付で、新会社「株式会社ヒューマンテクノシステムホールディングス」を設立し、持ち株会社制に移行する。
 同社は現在、福岡、東京、名古屋の3拠点で展開。各事業の専門性を高めるとともに、責任の所在をより明確化する狙い。株式会社ヒューマンテクノシステムホールディングスはグループ企業全体の経営企画管理を担当し、社長には菊池文彬代表取締役会長が就任する。傘下には、株式会社ヒューマンテクノシステムのほか、東京支社(東京都中央区日本橋人形町1丁目)を株式会社ヒューマンテクノシステム東京として分社化し、社長には宮本國則常務東京支社長が就く予定。九州支社(福岡市博多区住吉2丁目)と名古屋支店(名古屋市中区錦3丁目)は引き続きヒューマンテクノシステムの管轄下に置き、将来的な分社化を目指す。菊池会長は「持ち株会社移行と同時に、各社の社長に代表権を持たせ、独立採算制で事業拡大を図る。新卒中途ともに採用活動にも力を入れていきたい」と話している。
 同社は1997年6月設立、資本金8600万円、従業員160人。2014年3月期売上高は16億3000万円。増住社長は熊本県八代市出身、1956年5月14日生まれの56歳。熊本県立済々黌高校―熊本大学工学部卒。趣味はゴルフ。