NEWS

  • 地域

来年4月「朝日I&R」に社名変更  佐賀の朝日工業    新社屋も建設


 佐賀、福岡県を中心に住宅、不動産事業を手がける 朝日工業(佐賀県武雄市、野畑龍彦社長)は、来年4月1日付で社名を「朝日I&R 」に変更。新社屋を建設し、移転する。
 今年4月に設立50周年を迎えたのを機に、社名を変更。「I」は投資や革新、自立、無限などの英語の頭文字、Rは創業者の故・龍之介氏の名前から取り、不動産、リニューアル、リフォームなど同社の中核事業の意味を持たせた。また、同日付で社内の各部門を「建設・建築部門」、「住宅不動産部門」、「投資不動産部門」の3事業部制に移行し、意思決定を早めるだけでなく、今後の事業拡大を見据えて人員拡充を進めていく。
 新社屋は現本社近くの敷地2640平方mに建設。建築面積は792平方mで、2階建てとなる。本社機能だけでなく、施工部門の拠点にする考えで、社員25人程度が常駐する。野畑社長は「次の50年に向けて、次の世代にバトンを渡せるよう、しっかりと会社の基盤を構築していきたい」と話している。
 同社は1965年4月設立。資本金は3000万円。16年3月期の売上高は28億円。従業員はグループ全体で65人。