NEWS

  • 地域

来客減、価格引下げで減収減益  ワイエスフード    通期見込みも下方修正


 ラーメン店チェーンのワイエスフード株式会社(福岡県田川郡香春町、緒方正憲社長)の2010年3月期第2四半期(09年4~9月)連結決算は、売上高が19億1100万円で前年同期比9・6%減、経常利益は3700万円で同56・1%減の減収減益となった。
 来店客減少を受けて5月から3カ月間限定で販売価格引き下げを実施したが、期待通りの回復には至らず減収。また、価格引下げによる売上総利益の減少で、営業利益は3800万円で同57・5%減。当期純損益は、時間外手当の支払不足額5800万円などを特別損失に計上したため、1億7600万円の赤字(前年同期は900万円の赤字)となった。
 通期見込みは、前回予想を下方修正し、売上高37億円、経常利益9300万円、営業利益9800万円、当期純損失1億5400万円を見込む。09年3月期は売上高41億100万円、経常利益1億6500万円、営業利益1億7900万円、当期純損失は1400万円だった。