NEWS

  • 地域

春日市の旧グルメシティ店舗をリニューアル  マックスバリュ九州    木の花ガルデン2店目導入


 イオングループでスーパーマーケットを展開するマックスバリュ九州株式会社(福岡市博多区博多駅東3丁目、佐々木勉社長)は6月9日、春日市のマックスバリュ上白水店をリニューアルし、マックスバリュエクスプレス上白水店としてオープンした。
 同店はダイエーの旧グルメシティ店舗で昨年9月にマックスバリュ九州が取得、店舗名はマックスバリュに変更していたが、内容は従来のままだったため、商圏の特色に合わせて都市型小型店の「エクスプレス」として、品ぞろえや販売促進の手直しをした。また今回は、大分大山町農業協同組合が運営する「農業者によるバザール 木の花(このはな)ガルテン」を、マックスバリュエクスプレス二日市店(筑紫野市)に続く2店舗目として新規導入した。同社では「農家の直売売場として、地産域消に貢献するとともに、春日市近郊にお住まいの方の満足をいただけると考えている」と話している。