NEWS

  • 地域

春日市の損保代理店と寄付付き募金で提携  福岡県共同募金会    1件あたり100円を赤い羽根募金に


 福岡県共同募金会(春日市原町、小川弘毅会長)は8月12日、春日市の保険代理店・株式会社ソリッド(島村忠男社長)と提携、自賠責保険料の一部を赤い羽根共同募金に充てる寄付付き募金の取り扱いを開始した。
 寄付付き募金は、募金協会が99年以降、減少傾向が続く募金実績に歯止めをかけようと県内の飲食店や演劇場、商店街などと取り組んでいる。今回で51件目。春日市内で寄付付き募金の取り扱いは初めて。同社では自賠責保険の契約、更新時の保険料のうち、春日市社会福祉協議会(友廣英司会長)と県共同募金会にそれぞれ100円ずつ寄付する。同日、春日市昇町の市社会福祉センターで調印式が行われた。