NEWS

  • 地域

春日市に企画販売の新ブランド展示場  悠悠ホーム    低価格帯の「明るい生活工房」


 住宅メーカーの悠悠ホーム株式会社(大野城市筒井4丁目、内山敏幸社長)は9月13日、春日市春日1丁目に低価格帯で企画販売する戸建住宅展示場をオープンした。
 場所は県道31号線沿いのパン・ナガタ本店南側。敷地面積は約1000平方mで、3タイプの2階建て住宅を展示している。人口減少や消費税増税に伴う戸建需要の低迷に備え、新たな顧客層の開拓をするため、従来の価格帯に比べ安価な新ブランド「明るい生活工房」を立ち上げた。企画販売は延べ床面積がおよそ80平方m、90平方m、100平方mの間取りと、サイディング、レンガタイル、塗り壁の外装材の3タイプを設けており、その組み合わせによって建物本体価格を1200万円~1750万円に設定している。そのほか、床材やキッチンの配色、建付け家具などを選ぶことができる。水に溶ける特殊な鉄分を木材に含ませることで、木を活性化させ、有害な化学物質の分解や、カビの発生を抑える効果が期待できるFFC加工は標準搭載し、従来の外断熱工法を発砲ウレタンで代用することで、低価格で断熱性や気密性が高い住宅づくりをするという。
 内山社長は「今後、久留米や北九州、佐賀など悠悠ホームの既存営業エリアに新ブランドを広げていきたい」と話している。