NEWS

    早良区藤崎2丁目の倉庫兼事務所を取得   九州不動産管理センター


    3月31日付

    事業用不動産売買の㈱九州不動産管理センター(福岡市中央区天神4丁目、大重勲社長)は3月31日、同市早良区藤崎2丁目の日本フォームサービス㈱旧九州営業所の倉庫兼事務所を取得した。  同社は分譲マンション用地、倉庫や営業所、工場などの事業用不動産売買を展開しており、同営業所が移転したことに伴って銀行から紹介があったもの。場所は通称・原通り沿い、「弥生2丁目」の交差点から120m側東側。敷地面積は252㎡。建物は鉄骨造の2階建てで、延べ床面積が302㎡。九州不動産管理センターが取得以前は1階が倉庫、2階が事務所として利用されていたという。大重社長は「既に取得したいとの問い合わせがある」と話している。  同社は1998年12月設立。資本金1億円。従業員9人。事業用不動産売買が主力。今年から福岡市中央区春吉地区でホテル事業を始動しており、第1号案件のホテルを春吉3丁目に建設している。2019年11月期売上高は前年比1・5倍の41億円。アパートなどの管理を手掛ける㈱KECC(福岡市中央区天神4丁目、大重文子社長)やホテル運営の㈱KASANE(同)などの関連会社がある。  大重社長は大分県宇佐市出身。1942年12月25日生まれの77歳。長崎大学経済学部卒。趣味は弓道、旅行。

    2020年4月14日発行