NEWS

  • 地域

早良区の温泉宿は完全予約制に  ポップ    来年4月開業


 飲食を含む複合店の企画・経営、イベント企画・実施などのポップ(福岡市中央区薬院2丁目、高鶴正人代表)は、12月1日、ホテルイルパラッツォで、09年4月の開業に向けて準備を進めている温泉宿「博多山荘四季 静川の森KOZURU」のデザインコンセプトを発表した。
 早良区椎原に建設している同旅館は、地下1階の平屋建てで敷地面積3950平方m、建築面積1084平方m、延べ床面積3004平方mとなる予定。発表会には、オーナーの高鶴代表のほか、同旅館のデザインを手がける建築家の松山将勝氏、庭園デザイナーの石原和幸氏、インテリアデザイナーの橋本夕起夫氏、高取邦和氏、小坂竜氏、佐藤一郎氏が出席。会員制・完全予約制のシステム紹介や、9部屋それぞれのデザインコンセプト、オフィシャルアメニティとして世界的化粧品ブランドの「ロクシタン」(フランス)と提携したことなどを発表した。高鶴代表は「福岡発にして世界初の会員制スーパーデザイナーズ温泉旅館になる。福岡の夢となるものをつくりあげていく」と話している。