NEWS

  • 地域

日産数十個の乳清使用手作りゼリーを発売  糸島みるくぷらんと    直売店「伊都楽」で販売


 「伊都物語」ブランドの乳製品製造販売の株式会社糸島みるくぷらんと(福岡市西区周船寺1丁目、宮崎英文社長)は7月28日、ヨーグルトの上澄みから抽出した乳清を使用した手作りの「乳清ゼリー・伊都物語」を発売した。
 これは、アイスクリームや焼き菓子など牛乳を使った商品開発の一環で、ゼリーは初の商品化。乳清はヨーグルトを製造する工程でできるもので、水溶性タンパク質やカルシウム、ミネラルを含むため、骨を丈夫にし、免疫力を高める効果や低カロリー低脂肪なので女性の美容効果が期待できるという。レモンなどを加えて固めているため、「ほのかな酸味と優しい甘みのある味わい」(宮崎社長)。税込価格は、1カップ70gで540円。1日数十個を手作りで製造しているため、糸島市波多江のJA糸島産直市場「伊都菜彩」内にある同社直売店「伊都楽(いとらく)」のみで販売している。宮崎社長は「今後も牛乳を使用した新商品を開発していくとともに、再来年をめどに製造を委託しているアイスクリームを自社製造に切り替え、顧客がその場で食べることが出来る場を糸島市内に作りたい」と話す。
 同社はふくおか県酪農業協同組合と糸島地区の酪農家が出資して1992年1月設立。資本金2000万円。従業員45人。ヨーグルト飲料製造の他にも牛乳と米を発酵させて作った牛乳焼酎、乳清せっけんなども取り扱っている。2013年12月期の売上高は3億9700万円。宮崎社長は糸島市出身、1948年3月27日生まれの66歳。糸島農業高校卒。趣味はゴルフ、スポーツ観戦。