NEWS

    日本語教員養成講座を開講 西日本国際教育学院


    来年5月までに9名

    学校法人宮田学園の日本語学校である西日本国際教育学院(福岡市南区塩原4丁目、宮田道郎学園総長)は8月2日から、日本語教員養成講座を開講した。
    文化庁に届出が受理された日本語教員養成講座420時間コースで、月曜・水曜・金曜の午後6時半から3時間の授業カリキュラム。コースを修了すると日本語教員の資格を取得でき、まずは宮田学園の職員9名が受講し、来年5月の資格取得を目指す。一般からの受講も可能で、今後受付を開始していく。
    同学園は1992年4月に財団法人日本語教育振興協会認定校として東和国際教育学校を開校し、2003年4月西日本国際教育学院に校名変更。12年4月、学校法人宮田学園を設立。22年の4年制大学移行を目指している。

    2019年9月25日発行