NEWS

  • 地域

日本公庫と連携し農業事業者向け融資商品  遠賀信用金庫    最大7年、上限は6千万円


 遠賀信用金庫(遠賀郡岡垣町、中村英隆会長)は5月1日、農業を手掛ける法人や個人事業者向けに融資する新商品「おんしんアグリサポート」を開始した。
 農産物の地産地消や6次産業化を推進するねらいで、同日付で日本政策金融公庫と信用補完契約を締結し、企画した。対象者は(1)認定農業者(2)売上高1千万円以上の法人、または農業収入が200万円以上の個人(3)法人は売上高、個人は農業所得が総所得の50%以上を占めることのいずれかに該当する法人または個人。さらに、業歴3年以上かつ税金の滞納がないことを条件とする。農業経営の運転資金・設備資金として、法人・個人ともに100万円以上、6000万円を限度に融資する。融資期間は1年から7年まで。
 審査部では「農業関連の融資実績はあるが、農業に特化した商品を設けたのは初めて。後継者不足や所得減などを背景に、生産者の6次化への意識も高まってきている。ニーズに対応していくとともに、専門的なノウハウを蓄積し、今後の農業関連の支援拡大に生かしたい」と話している。