NEWS

  • 地域

新販売チャネル構築へ個人代理店を開拓  ベル少額短期保険    2年間で百人目指す


 少額短期保険業のベル少額短期保険株式会社(福岡市博多区博多駅前3丁目、有馬正見社長)は10月1日、個人代理店の開拓を開始した。
 同社は9月末時点で全国に法人の代理店111店を持っているが、従来の葬儀費用サポート保険「千の風」に加え新商品開発に取り組んでおり、今後、新販売チャネルの構築に向けて保険業界に精通した生命保険OBら個人代理店を開拓する。2年間に県内で百人の開拓を目指す方針。「千の風」は事故や病気などで本人が死亡した際にかかる葬儀費用などに備えて掛け捨ての保険サービスを提供する。「保険料一定タイプ」。「保険金定額タイプ」。「シルバープラン」のプランがある。有馬社長は「これまでの葬祭関連業界の法人代理店開拓から幅を広げ、少額短期保険業の特性を生かした展開をしたい」と話している。
 同社は1984年6月6日に株式会社ベル共済として設立。2008年4月4日現社名に変更、資本金は5千万円、従業員数は17人。