NEWS

新社長に津田拓専務 興永産業


週刊経済2021年4月27日発行

津田社長は会長に

基軸事業の商業施設プロデュースや住宅事業、飲食事業を手掛ける㈱興永産業(福岡市城南区荒江1丁目)の新社長に4月1日付で、社長の長男である津田拓専務が昇格した。父親の津田光博社長は代表取締役会長に就任。
世代交代を図ったもの。津田社長は北九州市出身。1983年4月26日生まれの38歳。旧・九州東海大学卒。自動車販売店を経て、2009年に同社入社。営業部、11年12月の営業部主任を経て、14年1月取締役兼大阪支店統括部長、同年7月同兼大阪支店長、15年4月から専務取締役兼大阪支店長を務め、4月1日から現職。趣味はゴルフ、ダイビング、アウトドア。津田社長は「不安な気持ちはあるが、基軸事業の基盤構築に一層努めたい。3カ年計画の最終年度である23年12月期売上高は年商40億円を目指していく」と話している。
同社は1999年1月設立。資本金3千万円。従業員107人(アルバイト・パート含)。2020年12月期売上高は32億円。
同社の役員は次の通り。
▼代表取締役会長 津田光博▼代表取締役社長 津田拓▼取締役 木村誠