NEWS

  • 地域

新潟市のタクシー会社を子会社化  第一交通産業グループ    新潟県内は初展開


 第一交通産業株式会社(北九州市小倉北区馬借2丁目、田中亮一郎社長)は5月17日、新潟市西区鳥原のタクシー会社・三和交通株式会社(小林稔社長)を子会社化した。
 連結孫会社の仙台第一交通株式会社(宮城県仙台市宮城野区中野4丁目、北浦歳彦社長)が三和交通株式会社の全発行済株式を取得したもの。新潟県でのタクシー事業はグループ初で、事業エリアは34都道府県に拡大した。長野県内のタクシー保有台数は32台で、グループ全体の保有台数は、速報値で8356台に増えた。
 三和交通株式会社は1964年12月設立で、資本金は2500万円。従業員は72人で、タクシー保有台数は32台。なお、子会社化後は社名を「三和第一交通株式会社」に変更した。