NEWS

  • 地域

新施設稼働と既存店好調で上半期増収増益  アイ・ケイ・ケイ 通期売上げ153億円見込む


 東証1部上場の挙式・披露宴企画、ゲストハウス型婚礼施設運営のアイ・ケイ・ケイ株式会社(本店・佐賀県伊万里市、福岡本部・糟屋郡志免町、金子和斗志社長)の2014年10月期第2四半期決算は、売上高が前年同期比10・6%増の73億6800万円、経常利益が同23・7%増の9億8800万円で2ケタ増収増益だった。
 昨年11月にオープンした婚礼施設「ハーバーテラスSASEBO迎賓館」(佐世保支店)が稼働したことに加え、営業データベースの活用やリニューアル効果などで既存店でも挙式受注組数が好調に推移した。営業利益は同22・5%増の9億9800万円、半期純利益は同1・6%減の5億5600万円だった。
 今期は売上高で前期比5・9%増の153億7000万円、経常利益で同2・3%増の19億6000万円を見込む。