NEWS

  • 地域

新店10店、改装36店のリモデル実施  岩田屋三越    9-10月の2カ月で5%増収目指す


 株式会社岩田屋三越(福岡市中央区天神2丁目、村上英之社長)は、今秋、岩田屋本店の本館・新館で新店舗10店、改装36店のリモデルを実施。9月14日にグランドオープンする。
 ラグジュアリーブランドのさらなる充実と婦人フロアの再構築をテーマに、本館2、4階と地下2階、新館2、3階と地下2階でブランド入れ替えと改装、売場の再配置等を進める。既に一部は着手済みで、多くが9月14日までにオープン。その後も一部店舗は11月や12月に開店の予定。中でも全国の百貨店初となる「ヴェルサス ヴェルサーチ」や日本2店目となる「グローブトロッター」をはじめ、「ニコライ バーグマン フラワーズ&デザイン福岡店」「バレンティノ」「上海デリ」など九州初ブランドが5店舗ある。
 同社では今回のリモデルを通じて、岩田屋本店の9-10月の売上高で前年同期比5%増、同じく9-10月の入店客数で3%増を目指す。また、今回のリモデルと今年春に実施したリモデルとを合わせて22億円を投資した。