NEWS

  • 地域

新天町本店内に営業統括部を移転  落合天弘堂    業務効率化、コスト削減が狙い


 眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器小売販売の株式会社落合天弘堂(落合信裕社長)は、11月25日付で営業統括部および関連会社・有限会社落合企画本社事務所を福岡市中央区舞鶴2丁目から同区天神2丁目に移転する。
 営業統括部を本店内に移転集約することで、情報伝達や経営判断などの業務効率化、それに伴うコスト削減を図るのが狙い。場所は西鉄福岡駅ビル西側、新天町商店街の「メガネの落合新天町本店」4階フロア。フロア面積は132平方m。移転後の旧事業所は貸事務所として転用。1階は引き続き貸会議室、2階フロアは貸事務所となる。同社では「今後も顧客と店舗販売員との強い信頼関係構築に努力し、常にお客さまの期待以上の満足を提供し続けていきたい」と話している。
 同社は1895年4月創業、資本金2400万円、従業員数は35人。13年3月期の売上高は3億800万円。現在、福岡市内を中心に7店舗(FC2店舗含む)を展開している。