NEWS

    新入社員研修をオンラインスクールとして開講 ライズ


    週刊経済2021年3月9日発行

    少人数入社の中小企業などに

    企業向け研修や就職支援などの㈱ライズ(福岡市博多区博多駅前2丁目、髙尾英正社長)は4月、新入社員研修をオンラインスクールとして開講する。
    コロナ禍で新入社員教育が社内でできない企業や、入社人数が1~2人で研修が体系化されていない中小企業などの利用を想定しており、1コマ3時間で、2021年度入社の新入社員が対象。ビジネスマナー、ビジネスマインド、ビジネススキル、コミュニケーションの4カテゴリーから全20コマを用意している。研修はリアルタイム配信で講師とのやりとりのほか、受講者同士のワークやグループディスカッションも取り入れる。料金は1人1コマ6千円(税別)。今後、新入社員研修以外の講座も企画していく。髙尾社長は「コロナ禍での新入社員の教育に悩む人事担当者や経営者を支援できればと考え企画した」と話している。
    同社は2010年8月設立。資本金100万円。従業員数1人。