NEWS

  • 地域

新ブランド設立で美容クリームを商品化  ennvy    シニア層中心に販売


 美容、健康商品の企画、販売や同関連イベント開催などの株式会社ennvy(エンビー・福岡市中央区大名2丁目、中村ひとみ社長)は、同社初の自社ブランド「Roream(ロリーム)」を立ち上げ、6月30日から新商品の「Roreamホワイトクリーム」を販売開始した。
 中村社長が幼少期から肌荒れに悩んでおり、さまざまな美容クリームを試しても肌に合わず、「同じ悩みを持つ女性に、安心安全で即効性のある美容クリームを開発したい」という思いから企画したもの。ブライダルエステ、シェービングサロンの専門エステティシャンと共同開発し、安全性と即効性の技術や成分などを分析し、商品開発に生かした。40代以降の女性に多く発症すると言われる褐色のシミを抑制し、美白効果が期待できるので、シニア層を中心とした40~60代女性をコアターゲットに設定。価格は3980円(27グラム)と6200円(50グラム)の2種類でいずれも税込み。現在、沖縄地区の折り込み広告で購入申し込みを受け付けているが、8月下旬からインターネットで全国販売する予定。販売目標数は定期購入で月100個を目指している。中村社長は「まずはニーズを図るために沖縄地区での試験販売を実施した。今後は11月頃をめどに、ロリームブランドの美白洗顔を販売する予定」と話している。
 同社は2016年1月設立。資本金350万円。従業員数は中村社長含め3人。
 中村社長は佐賀県嬉野市出身。1991年8月9日生まれの24歳。筑紫女学園大学文学部人間福祉学科卒。大学卒業後、福祉業界に従事するなかで、働きながら美しさを保つことの難しさを実感し、将来的に福祉業界で働く女性を支援する事業がしたいと思い起業に至った。趣味はゴルフ。