NEWS

  • 地域

整備中の水上公園は7月15日にオープン  福岡市    天神ビッグバン関連施設


 福岡市は5月23日、同市中央区西中洲に整備中の水上公園が7月15日にリニューアルオープンすると発表した。
 水上公園は、市が天神地区の都心機能強化を目的とした戦略「天神ビッグバン」で東のゲートウェイの役割を持つ施設。昨年11月に西日本鉄道株式会社(倉富純男社長)が設置管理許可を受けて休養施設の整備などを進めてきた。総事業費は3億6000万円。2057平方mの敷地に鉄骨造り2階建ての休養施設、那珂川の水辺側には階段ベンチなどが整備される。休養施設の延べ床面積は621平方m。水辺公園の特色を生かし、屋根上部分と公園が一体的に利用できるデザインを取り入れた。施設1階には、米国・ニューヨークタイムズで「世界一の朝食」と評価されたスクランブルエッグなどを提供するダイニング「bills(ビルズ)」が西日本1号店、2階にはミシュランガイド福岡・佐賀2014版に掲載された同市博多区須崎町の中華創作料理「星期菜(サイケイツァイ)」が入居する。「bills」の店舗面積は約231平方m、座席数は116席(テラスに52席)。営業時間は午前8時30分~午後11時まで。「星期菜」の店舗面積は約194平方m、座席数は70席(同16席)。営業時間は午前11時30分~午後11時まで。