NEWS

  • 地域

政投銀の環境格付で最高ランク  イオン九州    2年連続で


 イオン九州株式会社(福岡市博多区博多駅南2丁目、柴田祐司社長)は8月、日本政策投資銀行(東京都千代田区、橋本徹社長 以下 DBJ)の「DBJ環境格付」で、2年連続の最高ランク格付を取得した。
 DBJ環境格付は、DBJが開発した格付システムによって企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の金利を設定する融資メニュー。イオン九州は、九州全体で環境配慮型商品の販売や廃棄物削減・再資源化、CO2削減に向けた植樹活動やレジ袋無料配布中止、環境への取り組みを通じた地域社会貢献活動で最高ランク格付の評価を受けた。
 DBJでは、2004年の同融資制度開始から累計で417件、約6900億円の融資を実施している。