NEWS

  • 地域

承継事例紹介冊子を創刊  事業承継支援センター    税理士、銀行向けに年4回発行


 中小企業の事業承継問題の支援を手掛ける株式会社事業承継支援センター(福岡市中央区白金1丁目、平野拓矢社長)は、7月3日、事業承継の事例を紹介する冊子「承継通信」を創刊した。
 これはA4判のカラー6ページで、年4回、各100部を発行。8月から福岡市内を中心とする税理士や銀行の各支店向けに無料で配布する。内容は、事業承継の事例紹介と解説、各種講座の案内、同社が運営する「マッチングエントリー」の紹介など。創刊号は同社の沿革や事業内容も紹介し、10ページ建てとなっている。平野社長は「事業承継に関する情報を発信するとともに、税理士や弁護士などによるチームを編成していきたい」と話している。同社は2007年7月設立、資本金733万円。従業員は3人。