NEWS

  • 地域

手づかみシーフードレストランの九州1号店  東京都のミールワークス    キャナル地下1階に


 飲食店運営の ミールワークス(東京都港区、小島由夫社長)は10月27日、博多キャナルシティ博多(福岡県福岡市博多区住吉1丁目)に手づかみシーフードレストランの九州1号店をオープンする。同業態での出店は国内では東京、大阪に次いで3店舗目。
 国内だけでなくアジアを中心とする海外からの観光客が多い福岡で、国内外からの観光客や近隣住人など幅広い層を取り込む。店舗名は「DANCING CRAB(ダンシングクラブ)福岡」。店舗面積は約425平方mで、席数は約160席。スパイシーな味付けのソースを絡めたシーフードをテーブルの上に広げ、ナイフやフォークを使わず手づかみで食べる豪快なスタイル。料理は「クラブバッグ」と呼ばれるカニやイカ、海老など9種類の魚介類と野菜を茹でてソースに絡めたメインメニュー(6500円、2~3人前)を中心に用意する。平均客単価は4000円~5000円。営業時間は午前11時から午後11時まで。同社では「手づかみの料理に加え、音楽やダンスなど東京・大阪で進化を遂げた『美味しくて楽しい、食のエンタテインメント』を楽しんでもらいたい」と話している。